ノーマライゼーション・教育ネットワーク
(略称:教育ネット)とは

 私たちは障害を持つ教師が勤務継続をするために、職場の同僚や組合や障害者団体などの支援者と共に、教育現場の環境つくりや権利確立のために活動を行っています。小学校、中学校、高校など様々な校種の障害(視覚障害、下肢障害、内部障害及び慢性疾患等)を持つ教師と支援者が加入しています。病気で休職し後回復せず、障碍者になっても職場復帰し、職場の物的、人的、心的な環境整備を要望し勤務継続をするために市町村教育委員会や県教育委員会と交渉を行うなどの活動をしています。教育現場のノーマライゼーションの実現を目指しています。障害者になっても教師を続けたいという気持ちがある人は、働く権利が保障されなければなりません。現在、2015年に障碍者差別解消法と改正雇用促進法が施行され、障害者が働くための条件整備をすること(合理的配慮)がが保障されなければならないことになりました。私たち障害を持つ教師はこれらの法律の裏付けの下に、教育現場のノーマライゼーションを実現し障害があってもそれを意識することなく生きられる共に生きる社会を目指しています。理念が法律として施行されましたが、なかなか浸透していかない現実があります。
 多くの仲間の皆様が、本会に加入していただき共に生きる社会の実現に向けて会の活動を拡大し活発にしていきましょう。

ノーマライゼーション・教育ネットワーク
連絡先は以下の通りです。
【代表】新井淑則   【事務局】岩井隆
連絡先〈 郵便 〉〒344-0041 埼玉県春日部市増富763−1 飯島光治気付
            〈 電話 〉090—2441—0938 (岩井)
            〈メール〉rsj78162@nifty.com (宮城)